参加者へお知らせ


●参加申し込み
事前申し込みは締め切りました。これ以降の参加登録はすべて当日会場にて受け付けます。その際、学生の方は学生証の提示をお願い致します。
Webで事前登録を済まされた方には、参加章と要旨集を事前に郵送いたします(9月上旬予定)ので、忘れずにご持参ください。海外から事前参加登録された方には当日受付にてお渡しします。

当日参加の参加費と懇親会費

 

参加費

懇親会費

一般会員

\ 8,000

\ 7,000

学生会員

無料

\ 4,000

一般非会員

\ 10,000

\ 7,000

学生非会員

無料(要旨集は実費販売)

\ 4,000

 

●受付とクローク

  受付およびクロークは、第4校舎独立館の2階にございます。なお大会2日目の懇親会へは、必ず荷物を引き取られてからご参加ください。



●インターネット

  会場では無線LANの対応はしておりませんので、予めご了承ください。



講演者へお知らせ


●発表について
 講演は全てパソコンと液晶プロジェクターによるプレゼンテーションとなります。各自ノートパソコンをご持参ください。液晶プロジェクターとの接続は、D-sub15ピンケーブルで行います。機種によってはコネクターが必要な場合がありますので、その際はご持参ください。

 シンポジウム・ワークショップの講演時間、およびベルを鳴らすタイミングは、演題ごとに異なります。各世話人へご確認ください。



 一般演題の講演時間は15分(発表12分、質疑応答3 分)です。ベルを鳴らすタイミングは、下記をご確認下さい。
1ベル:10分経過時
2ベル:12分経過時(発表時間終了、質疑応答開始)
3ベル:15分経過時(持ち時間終了)

 

●英語要旨の登録について

 演題申込みの際、Genes & Genetic Systems誌に掲載する英語要旨を登録しなかった方(To be submitted laterと入力した方)は、下記サイトからご登録をお願い致します。
https://sv117.wadax.ne.jp/~gsj3-jp/gsjtaikai/endai2.html
締切日:10月4日(金) 厳守



Best Papers賞

昨年の大会と同様の要領で、大会発表の一般演題の中から優れた研究発表10件程度を選んでBest Papers賞(BP賞)として表彰いたします。一般講演として登録後、ワークショップの口演発表として選ばれた演題も対象になります。なお、昨年度BP賞の一部は学会長主催プレナリーワークショップとして講演披露されます。



学生会員の旅費援助


※ 募集は締め切りました

学生会員の参加奨励のため、発表する学生会員に旅費の一部を援助(交通費実費程度)いたします。ただし、所属研究室や日本学術振興会などから旅費が支給される方はご遠慮ください。
※大会全期間参加を条件とします(9月19日(木)~21日(土))。

【申請方法】

申請書は1人につき以下の6項目についてA4 一頁に記載し、下記住所まで郵送してください。
1) 氏名, 2) 所属と学年, 3) 所属住所, 4) 旅費援助希望理由,5) メールアドレス,6) 指導教員のサインと押印


締め切り:7月3日(水)必着
送付先:〒411-8540 三島市谷田1111 国立遺伝学研究所内 日本遺伝学会
日本遺伝学会85回大会 旅費援助申請係
TEL: 055-981-6736  FAX: 055-981-6736


男女共同参画支援


※ 募集は締め切りました

【2013年度男女共同参画推進にかかわる大会参加支援について】

2013年 4月
日本遺伝学会

 日頃より日本遺伝学会会員の皆様には,男女共同参画推進の活動に対するご理解,ご協力をいただき,厚く御礼申し上げます。
日本遺伝学会では,毎年の大会開催に際し,大会準備委員会による保育室の設置とともに,学会として保育室利用料金の半額支援を行ってまいりました。支援の多様化に対応するために,第83回大会から1件の上限を5万円とする大会参加支援を新設いたしました。
この支援は,大会参加のための旅費,大会参加中の保育に関わる費用,大会参加者が不在になることによって保育や介護に必要となる費用等に充てていただくためのもので,大会準備委員会にて設置する保育室の利用についてもこの支援に含むものといたします。利用をご希望の方は,この大会参加支援への申請により,ご希望をお寄せください。
この支援には,育児休暇や介護休暇中であっても応募できるものとしております。どうか奮ってご応募ください。


支援額:1件5万円を上限とする。総額15万円程度を予定。
(保育室の利用料金については,大会準備委員会へお問い合せください。)
支援の対象:第85回大会に参加を希望する日本遺伝学会員。性別,年齢,発表の有無は問わない。ただし,男女共同参画推進に該当する事情がある者。
応募方法:「大会参加支援申請書」(別紙様式1)に必要事項を記入し,日本遺伝学会事務局(japgenet@nig.ac.jp)へメールで送付する。
(申請書の記入例1,2を参照してください。)
申請の受付:2013年5月1日 〜 7月31日 (申請締切を7月末まで延長しまし た。)
支援の決定:日本遺伝学会幹事会において迅速に書類審査を行う。審査結果は日本遺伝学会事務局より通知する。
支援の交付:第85回大会受付にて交付する。
成果の報告:大会終了後に大会参加成果報告書(別紙様式2)を日本遺伝学会事務局へ提出する。

別紙様式1ダウンロード

別紙様式2ダウンロード


託児施設

託児施設に関するご案内です。利用希望者は直接施設にお問い合わせください。なお、施設利用につきましては、保育園と利用者の個人契約となり、学会および大会事務局は責任を負いませんのでその旨ご了承ください。

ベネッセチャイルドケアセンター日吉 トゥインクル一時保育室
住所:神奈川県横浜市港北区日吉4-1-1 慶應義塾日吉キャンパス 協生館1F
TEL: 045-560-5088
対象児童: 生後57日目~就学前までの集団保育が可能なお子さま
利用日時: 月~土8:00~18:00
ホームページ: http://hoiku.benesse-style-care.co.jp/facilities/hiyoshi/twinkle/
※ご利用の1ヶ月前までには申し込みください。
詳細は利用案内をご覧ください。


高校生の皆様へ

大会最終日(9月21日(土))は、高校生の方々もすべての発表を聴講可能と致します。入場無料、また事前申し込みも不要ですので、会場の受付へ直接お越しください。受付の際、学生証の提示をお願い致します。
会場へのアクセスはこちら
また17:30より開催される公開市民講座「ゲノム研究が切り拓く新しい地平線」も、どなたでも出席可能ですので、是非ご参加ください。詳しくはこちら