BP賞・GGS PRIZE

Best Papers (BP) 賞とは

BP賞は、2001年開催の第73回日本遺伝学会大会(東京)から21世紀最初の大会を記念して始まり、大会における優れた講演に贈られています。優れた研究を褒賞することで意欲あふれる研究を奨励し、遺伝学会の明日を築く人々を鼓舞し、遺伝学の発展に資することを願って設けられた賞です。受賞者の発表内容はGenes & Genetic Systems (GGS)の付録誌「21世紀の遺伝学」に掲載されます。また、2010年の第82回大会(札幌)からは前年度受賞者によるプレナリーワークショップ講演が始まりました。

第87回大会BP賞受賞者 (2015年度)

演題 受賞者
1
非モデル種Drosophila subobscuraでのCRISPR-Cas9による変異誘発 村上 日向
2
メス化およびオス化がショウジョウバエNeo性染色体の偽遺伝子化を促進する 野澤 昌文
3
マウス変異蓄積系統を利用した生殖系列の突然変異率の推定とその特徴 内村 有邦
4
大腸菌oriCでの複製開始に必要なDNA開裂複合体の中枢構造の解明 崎山 友香里
5
Molecular analysis of the site-specific recombination mediated by XerA from Thermoplasma acidophilum JO MINJI
6
分裂酵母における複製DNAポリメラーゼの機能分担のゲノム科学的解析 大学 保一
7
タンパク3次構造を考慮した、がんのドライバー遺伝子の検出 藤本 明洋
8
ヒストン脱アセチル化酵素によって制御される植物の新規乾燥耐性機構 金 鍾明
9
ヒト化ショウジョウバエを用いた脊椎動物の超保存配列の機能解析 大迫 隆史
10
トゲウオ科魚類近縁種間の雑種不稔とクロマチン結合タンパク質の機能的分化 吉田 恒太

▲Topに戻る

GGS PRIZE とは

GGS prizeは日本遺伝学会の出版する学会誌『Genes andGenetic Systems (GGS)』に掲載された論文を対象として、優れた学術論文1~2編に与えられま す。論文はGGS編集委員・編集顧問から推薦され、それらの論文についてGGS編集 委員・編集顧問合同会議で選考を行います。2004年度の掲載論文からその対象 となり、2005年にGGS Prize 2005が贈られています。

GGS PRIZE 2015

TITLE AUTHORS published
Mitochondrial genomes of Japanese Babina frogs (Ranidae, Anura): unique gene arrangements and the phylogenetic position of genus Babina.
Ryosuke Kakehashi, Atsushi Kurabayashi, Shohei Oumi, Seiki Katsuren, Masaki Hoso and Masayuki Sumida
Genes & Genetic Systems (2013) 88: 59-67




▲Topに戻る