BP賞・GGS PRIZE

Best Papers (BP) 賞とは

BP賞は、2001年開催の第73回日本遺伝学会大会(東京)から21世紀最初の大会を記念して始まり、大会における優れた講演に贈られています。優れた研究を褒賞することで意欲あふれる研究を奨励し、遺伝学会の明日を築く人々を鼓舞し、遺伝学の発展に資することを願って設けられた賞です。受賞者の発表内容はGenes & Genetic Systems (GGS)の付録誌「21世紀の遺伝学」に掲載されます。また、2010年の第82回大会(札幌)からは前年度受賞者によるプレナリーワークショップ講演が始まりました。

第89回大会BP賞受賞者 (2017年度)

演題 受賞者
1
線虫C.elegansの低温耐性を制御するGPCR型温度受容体の探索 大西康平
2
糖尿病白内障のエピジェネティックな発現制御を介したメカニズム解明 金田文人
3
枯草菌における(p)ppGppに依存しないアミノ酸飢餓適応機構の解析 大坂夏木
4
RNA polymerase II CTD Ser7は転写を減速させてArgonauteのRNAへのtargeting を促進する 梶谷卓也
5
姉妹染色体接着形成メカニズムの解明にむけて 村山泰斗
6
C.elegansと姉妹種を用いた個体サイズ制御メカニズムの解析 津山研二
7
線虫C.elegansアダプター分子RIMB-1による電位依存性カルシウムチャネルの神経プレシナプス局在制御 櫛引勇人
8
シロイヌナズナの経世代的de novo DNAメチル化動態に対する既存DNAメチル化の効果 橋本祐里
9
昆虫武器サイズのエピゲノム制御 太田邦史



▲Topに戻る

GGS PRIZE とは

GGS prizeは日本遺伝学会の出版する学会誌『Genes andGenetic Systems (GGS)』に掲載された論文を対象として、優れた学術論文1~2編に与えられま す。論文はGGS編集委員・編集顧問から推薦され、それらの論文についてGGS編集 委員・編集顧問合同会議で選考を行います。2004年度の掲載論文からその対象 となり、2005年にGGS Prize 2005が贈られています。

GGS PRIZE 2017

TITLE AUTHORS published
From the laboratory to the field: assaying histone methylation at FLOWERING LOCUS C in naturally growing Arabidopsis halleri
Haruki Nishio, Diana Mihaela Buzas, Atsushi J. Nagano, Yutaka Suzuki, Sumio Sugano, Motomi Ito, Shin-Ichi Morinaga, Hiroshi Kudoh
GGS Vol. 91(2016) P15-26.
Identification of gamma ray irradiation-induced mutations in membrane transport genes in a rice population by TILLING
Jung Eun Hwang, Duk-Soo Jang, Kyung Jun Lee, Joon-Woo Ahn, Sang Hoon Kim, Si-Yong Kang, Dong Sub Kim, Jin-Baek Kim
GGS Vol. 91 (2016) P245-256.




▲Topに戻る